ぽけいち-POKEICHI-

ゆるく集めたポケモングッズの紹介ブログ ぽけいち-POKEICHI-

「クインティ」や「ポケットモンター」25年間に渡る杉森健さんの作品集-杉森健の仕事

time 2016/10/24

「クインティ」や「ポケットモンター」25年間に渡る杉森健さんの作品集-杉森健の仕事

まえがき

ポケットモンスターが発売されてから株式会社ゲームフリークの取締役として、またアートディレクターとしても活躍される杉森健さんの作品集が昨年、作品集「杉森健の仕事」として公になりれました。
ポケットモンスターのイラスト総監督でそれらを纏めるだけでなく、ゲームやマンガ家としての生い立ちを紹介した物になります。

表紙-クインティからジェリーボーイ、そしてポケットモンスター、各々のデザインやイラストが紹介される初の単行本‐
見開きは杉森さんの生い立ちから-ゲームフリークに出会うまで。

o0800053313567228489
ゲームフリークより創られたファミコンソフト「クインティ」が1990年にファミコン必勝本にて連載された杉森さんによる漫画
6年の連載でタッチにも見て取れる変化が

o0800053313567228491
上から連載初期-中期-後期と丸みを帯びたタッチからポケットモンスター赤・緑の頃のイラストタッチに変化していることが解る。
クインティには露出の多いシーンも見られた。

o0800053313567229010
ドラマやファミコンゲームをコミカライズした物を杉森さんが担当した。
杉森さんがTwitterでも公言していたがこの頃は露出の多いシーンが良く見られたようだ。

ゲームフリーク第2作目となるスーパーファミコン用ソフト「ジェリーボーイ」がEPICソニー(現SONY)から1991年に出た。
そのキャラクター設定と世界観は杉森さんの絵柄を徹底的に活かした作品に仕上がっているとの事である。

o0800120013567233155
1997年に「ゲーム批評」の表紙として描かれたイラスト、個性派ゲーム特集として架空のゲームタイトルをモチーフとして描かれたようだ。中央にはポケモン金・銀で登場したバンギラスを思わせるイラストが載っている。
その他に杉森さんが関わるゲームソフトにまじかるタルるートくんやパルスマンなどがある。
世界のトップを走るポケットモンスター、世界観を統一する為にこの頃から最新作に至るまですべての公式イラストを杉森さんが仕上げている。

o0800053313567233158
初の公式イラストを手掛けてから高橋留美子先生に影響された画へのこだわりからポケモンや登場人物を仕上げるまでの工程、プライベートにおける杉森さんの画についての考え方が紹介されている。

o0800053313567233157
o0800053313567234559
ポケモンシリーズのタイトルイラストからコレクタプルアートPG(ポケモンギャラリー)まで
※コレクタブルPGとはポケモンのゲーム中のワンシーンを切り取ったようなイメージアートを杉森さん自身が作品として描かれたもの
2002~2014年ポケモン金銀からXYまでのタイトルが並べられている。

o0800053313567234561
趣味と嗜好とこれからの話について-
「「ゲームからゲームを作っちゃダメだ」それは裏返せば「ゲームを知らなかったら、ゲームは作れない」と言う事でもあります。」

-杉森健の仕事-

down

コメントする




⇐次の記事へ »

前の記事へ⇒ «

日誌

広告

管理人

もとき

もとき

ポケモンネタからトレンド・日頃のネタまで気ままに書いています。プロフィール [詳細]

人気記事



チャンネル登録ぜひお願いします!!_ _。
amazon