ぽけいち-POKEICHI-

ゆるく集めたポケモングッズの紹介ブログ ぽけいち-POKEICHI-

FFⅤ ADVANCE -ファイナルファンタジー5アドバンス-

time 2017/01/24

FFⅤ ADVANCE -ファイナルファンタジー5アドバンス-

FFⅤ ADVANCE

FF5は私が小学生の頃にいつも家で一緒にゲームをして遊んでいた男の子との思い出が残っています。スーパーファミコンでは当時ストリートファイターⅡや餓狼伝説などの格闘対戦が流行っており、RPGであったこのファイナルファンタジー5でも2P側のコントローラーを使ってモンスターとの対戦の際にキャラクターにコントローラーを振り分ける事で2人で楽しめました。

FF5には登場キャラクターは5人しかいませんがジョブとアビリティシステムによりドラクエで言う「職業」により好きな時にジョブ(職業)チェンジすることで色々な技やステータスに変化が表れるのでレベルアップとストーリーを楽しみながらプレイすることができるのが特徴です。

FF5/6の公式PVから

このFF5では最終的に主人公(バッツ)以外は全て女性キャラと言うなんともうらやましいメンバーで進むこととなります、ファイナルファンタジーの正当なストーリーも面白いのですが私が感じた一番好きな所はキャラクターの育成とバトルが魅力でした。バッツらのキャラクターは最初は「すっぴん」と言うなんの能力も持ちませんがクリスタルの力を得て色々なジョブにチェンジする事が可能になります。

そしてそれらの数あるジョブをマスターするとステータスや色んな特典が付くのですが、「すっぴん」はそのマスターしたジョブの強さやステータスを受け継ぐので最終的に自分そのものであるすっぴんが一番強くなる自分が最高のジョブと言うのがたまらなくはまった所です。

中でもストーリー序盤からパーティに入る(後に変わる孫のクルルの前任者)ガラフがいますが、仲間とクルルの為にラストボスであるエクスデスに1人挑むシーンは感動そのものでした。

マップ画面

FF5アドバンスには変わらないドットと洗練された音楽がありますが、携帯機移植のアドバンスシリーズの中でも特に操作性が良くて音質の滑らかさもシリーズの中で一番良いと思っています。追加ストーリーももれなくあり、トラウマモンスターとも名高い「オメガ」の進化した「オメガ・改」やバトルをより楽しめるナンバーになっています。シリーズを通してのミュージックコレクションとモンスター図鑑も健在です。


※ゲーム内のミュージックコレクション(ビッグブリッジの死闘)

down

コメントする




⇐次の記事へ »

前の記事へ⇒ «

日誌

広告

管理人

もとき

もとき

ポケモンネタからトレンド・日頃のネタまで気ままに書いています。プロフィール [詳細]

人気記事



チャンネル登録ぜひお願いします!!_ _。
amazon